バンドってやっぱり難しいなー。

今日はプチミーティングをやりました・・・・一人とはすべて考え方が同じじゃないけど、先に進める方法論の違いは多少感じましたが、根本的な良い物を作ろうってところではたくさん共鳴できる事ができました。方法論なんて絶対に全部同じになるわけないし、またなんでバンド形態にこだわるのか・・・と言うところまで話せてよかったです、今後も多分ぶつかるでしょうが根本が見えたんで安心しました・・・問題はもう一方でした・・・しょぼいバンドはやりたくない!・・・・誰だってそんな事考えてバンドやってる奴なんておらんよ!って気持ちが自分の中で芽生え、しょぼいって何に対して?と質問しましたがよくわからなかったんですが多分動員面かな?とは思いました・・・正直な感想としては30代の人間が20代の人間のやってることそのまま全部真似しても動員は伸びないんじゃない?ってのが正直な感想でした。刺激を受けるのは必要ですが音楽雑誌見て、今こういうのが多いからどうでしょう・・・?的な発想では厳しいんじゃない?と思いました、自分の場合、流行がこれだからって発想より・・自分で流行を作ってやるって発想の方が強いんでどうでしょう?って気持ちです。自分の理想のバンド像はメンバー内で競争ができ、ステージに立ったら、お前ら俺をみろ!って表現するタイプがメンバーに欲しいんだよね・・いい意味で毒があるというかなんていうか・・・諸刃の刃みたいな人間だね・・・使い方間違えちゃうと自分が怪我するみたいな・・・・まあ、そこら辺にそんな奴だらけななら苦労しないんですが・・・そんな訳ないし・・・・とりあえず来月一度リハに入ってもう一度話してみよう・・・う~む・・・・